HIPHOPについて

カテゴリ: 初心者 歴史

HIPHOPについて
スポンサード リンク

1970年代のニューヨークのサウスブロンクス地区で生まれた文化で、当時のスラム街のストリートで生まれ流行したMCING、DJING、GRAFFITI ART、B-BOYINGの4大要素を含んだものをいう。

DJINIG

レコードを操り、バックトラックを司る、レコード盤をゴシゴシと針で擦りあげたノイズでビートを刻み込むDJING

MCING

音楽のビートに乗せて、言葉を連射し、時には汚い言葉を吐き、世の中への不満を激しく語るMCING(RAP)

GRAFFITI

言葉で表さずとも絵で自己主張をする、地下鉄の車両や建物に巨大な絵を一夜にして描書くGRAFFITI ART

BBOYING

そして、身体全体や頭部さえも使って身体を回転させたり激しい動きをする、体で表すB-BOYING

HIPHOPのルーツ

これらはアメリカのギャング文化とも関係があるといわれ、抗争を無血に終わらせるために、銃や暴力の代わりとしてブレイクダンスやラップの優劣が争われたり、ギャングたちのなわばりの主張や情報交換の目的に、一部のグラフィティが用いられていたと言われている。ラップ、DJ、ブレイクダンスは、ギャング文化時代の名残として、フリースタイルバトルと呼ばれる対決方式が存在する。

また、ZULU NATIONがHIPHOPカルチャーのもう一つの重要な要素として考えているのが、KNOWLEDGE(知識)である。

ヒップホップは、文化でありライフスタイルであり、ものの考えかたでもある。

引用・参考元

スポンサード リンク

関連コンテンツ

↑ページ先頭へ