BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)

カテゴリ: 知識 必需品

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)
スポンサード リンク
BCAA構造図
※BCAA図の掲載先:BCAA基礎知識

この3つのアミノ酸は、枝わかれするような分子構造をしているため、BCAA;Branched Chain Amino Acid(分岐鎖アミノ酸)とよばれています。

BCAAはタンパク質の合成を刺激するシグナルとしての役割も果たしており、筋肉を保つためにとても大切なアミノ酸です。ほとんどのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、BCAAは筋肉で代謝され運動エネルギーとなる唯一の必須アミノ酸で、筋たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めています。
そこでBCAAを補給することによって様々な効果が生まれます。

アルギニンとグルタミン

BCAAとともにスポーツをするカラダにプラスに作用するのがアルギニンとグルタミンという非必須アミノ酸です。

アルギニンは、成長ホルモンの分泌に深く関わっています。 成長ホルモンは筋肉の増強にも、筋肉の修復にも大切で、アルギニンを補給することで筋たんぱく質の合成をより促進すると考えられています。

グルタミンは筋肉中に豊富に存在するアミノ酸で、ロイシンと同じように筋たんぱく質の合成を助け、分解を抑制する働きをします。また、激しい運動を続けると多くの臓器でグルタミンが必要になるため、スポーツをする時にはグルタミンの補給も大切です。

 

次章でアミノ酸(BCAA)の効果について説明していきます。

スポンサード リンク

関連コンテンツ

↑ページ先頭へ