ブレイクダンスで一番初めにやることは?

カテゴリ: 初心者 始め方

ブレイクダンスで一番初めにやることは?
スポンサード リンク

さてここでは、まず初心者が最初にやっておくことをまとめてみました。

とりあえず、くるくる回りたいんだ!
という人でも、これを知っているのといないのでは、進歩の「差」が出てくるかもしれませんよ。

初心者が最初に練習すること

 一番最初にやることの一つめ、それは「チェアー」の練習です。
他にも

  • フットワーク
  • リズム取り
  • トップロック(立ち)
などありますが、初心者でもわかりやすくとっつきやすいチェアーからやってみましょう。
これが出来るとそれなりに見える・・・かもしれません。

チェアー

チェアー

軸手(上の写真だと右手)の肘をおなかにあて、そこに重心を置き、体を支えて停止しています。
よくフリーズ(最後にピタっと止まる)時などに使われます。

 この軸手の肘をおなかにあて・・・、という流れは非常によく使います。
フリーズ・ウィンドミル(背中を使って回る技)・つなぎなどの中で使用しまので、ブレイカーなら出来て当たり前という基礎的な技になります。

軸手を決める

 チェアーを練習する時に問題になってくるのが、
どちらの腕を軸手にするのか?

ということです。

後でフットワークのとこにも出てきますが、ここは重要なポイントです。
軸手が違えばフットワークの方向も違ってきます。
また、ウィンドミルの回転の方向、ヘッドスピンの回転の方向も変わってきます。

どうやって決めるのか?

 自分は右が軸手なんですが、それを決めた理由は単に右のほうがしっくりきた(バランスがとり易かった)からです。

決め方の例

  1. バランスがとりやすい
  2. フットワークの回る方向
  3. ウインドミルの回転方向

先に、フットワークやウィンドミルが出来るようになっている人の場合、その流れに合わせて軸手を決める方法もあります。
ウィンドミルもフットワークも、時計回りなら軸手は右、半時計周りなら左です。

他にも聞き足とは反対の腕を軸手にするというが良いという話しもあります。(※回る方向と関係あり)

最初は

お腹のところが痛くなるかもしれません。
バランスが取れないかもしれません。
でも、最初だけです。

慣れてきたら、長時間出来ますし、片手でも出来るようなる思います。

挫けずにがんばりましょう!

スポンサード リンク

関連コンテンツ

↑ページ先頭へ